FLOW-3D Cast 解析事例 – ショットスリーブ&ラドル


casting_environmental_menuuser_applications_menuverify_casting_menuFLOW-3D-Cast リリースバージョン履歴FLOW-3D-Cast 最新リリースバージョンFLOW-3D-Cast-edition

lostwax_menuladdle_menuCentrifugal-Casting_menulostform_menutilt-pour-casting_menugravity_casting_menuhigh_pressure_menu

seminar_buttonresource_menucast_summary_menu

FLOW-3D Cast の移動物体によるモデル化

一般移動障害物と流体連成 ― ショットスリーブ&ラドル

  • 一般移動障害物は流体との連成を行う6自由度の運動を解くオプションで、商業CFDソフトウェアの中で唯一の機能です。
    この流体-構造の連成モデルは鋳造解析においても以下のような応用が可能です。
  • 多種多様な物体の動きを扱うことができます
  • 運動の範囲や形状および配置に制限はありません
  • 障害物は、自由運動もしくは強制的な動きを指定することも可能です
  • 障害物に時間依存の力とトルクを与えることが可能です
  • 動作範囲には、固定軸または固定点周りの運動が含まれます

下図は鋳造設計で活用されるFLOW-3D Cast の流体-構造連成の事例です。

ラドルによる注湯

温度コンタ表示

温度コンタ表示

速度コンタ表示

速度コンタ表示

上図のFLOW-3D Cast シミュレーションは、ラドルを模擬した注湯プロセス表示しています。充填解析では、湯口とランナ通るを
正確な注湯量で解析をする事が不可欠です。
またFLOW-3D Cast では湯口とランナの充填時間を一致させ、正確な背圧を計算する事ができます。

 

ショットスリーブ シミュレーション

ショットスリーブが動き、溶湯をランナとゲートを介して製品部に充填します。

ショットスリーブが動き、溶湯をランナとゲートを介して製品部に充填します。

 

ラドルとショットスリーブの連成解析

ラドルとショットスリーブの連成解析 溶湯で満たされたラドルはショットスリーブを充填するために前に動きます。 そして、プランジャーは鋳型の中に溶湯を充填します。

ラドルとショットスリーブの連成解析溶湯で満たされたラドルはショットスリーブを充填するために前に動きます。そして、プランジャーは鋳型の中に溶湯を充填します。

ラドル注湯による重力鋳造

キャデラックCTSとSaturn Aura XRの3.6L V6エンジンシリンダーヘッドの欠陥評価解析ですこの鋳造は、A319の溶湯を鋳型に流し込みます。 流れとラドルの設計にFLOW-3D Castの空気連行と酸化膜評価モデルが使用されましたGeneral Motors Powertrain様のご提供

キャデラックCTSとSaturn Aura XRの3.6L V6エンジンシリンダーヘッドの欠陥評価解析ですこの鋳造は、A319の溶湯を鋳型に流し込みます。流れとラドルの設計にFLOW-3D Castの空気連行と酸化膜評価モデルが使用されましたGeneral Motors Powertrain様のご提供

重力鋳造例

FLOW-3Dを使用した重力鋳造の例です。鋳造プロセスを現実的なものにするためにラドルは溶湯を鋳型に注ぎ込みます。解析結果は、Teksid提供です。

FLOW-3Dを使用した重力鋳造の例です。鋳造プロセスを現実的なものにするためにラドルは溶湯を鋳型に注ぎ込みます。解析結果は、Teksid提供です。

^ back to top