FLOW-3D Cast 解析事例 – 遠心鋳造


casting_environmental_menuuser_applications_menuverify_casting_menuFLOW-3D-Cast リリースバージョン履歴FLOW-3D-Cast 最新リリースバージョンFLOW-3D-Cast-edition

lostwax_menuladdle_menuCentrifugal-Casting_menulostform_menutilt-pour-casting_menugravity_casting_menuhigh_pressure_menu

seminar_buttonresource_menucast_summary_menu

FLOW-3D Cast による遠心鋳造シミュレーション

遠心鋳造では、注湯時に鋳型は軸周りに高速(300~3000rpm)で回転します。溶湯は遠心力により鋳型壁面に飛ばされ、冷却され固まります。よく似た鋳造法として遠心分離法があります。

遠心鋳造シミュレーション

遠心分離法は、装置の中心軸から円周上に配置されたゲートに溶湯を充填するのに使われます。これにより、各鋳型の充填圧力を増加させ、そして複雑な形状の再現をします。この方法は、焼き流し精密鋳造法に使用されます。

Centrifugal_CastingCentrifugal_Casting2Centrifugal_Casting3

^ back to top