FLOW-3D Japan Users Conference 2011 開催報告


FLOW-3D Japan Users Conference 2011 開催報告

10月28日(金)東京国際フォーラム(ホールD5)にて『FLOW-3D Japan Users Conference 2011』を開催いたしました。

当日は多数の皆様にご参加いただき盛況のうちに終了いたしました。

今年はあらたにFLOW-3DおよびFLOW-3D Cast日本総代理店としてフローサイエンスジャパンを設立いたしましたので、弊社代表取締役 丸湾をはじめFlow Science社Jensen社長ならびに(株)テラバイト小森社長様より設立の経緯についてご説明いただきました。特にJensen社長からは設立の目的として、今後フローサイエンスジャパンとFLOW-3DおよびFLOW-3D Castの共同開発を実施していくこと、アジア・パシフィック圏をひとつのマーケットと捉え、フローサイエンスジャパンを中心にアジア・パシフィックの販売及びサポートを拡充していくことが説明されました。

FLOW-3D Ver.10.0新機能紹介では米国Flow Science社John Ditter副社長より今回Ver.10.0で注目の機能である流体-構造連成解析機能“FSI(Fluid Structure Interaction)”と熱応力解析機能“TSE(Thermal Stress Evolution)”を中心にFLOW-3D MPハイブリッド版の紹介とFLOW-3D今後の開発計画について紹介しました。

juc2011_1 juc2011_2 juc2011_3 juc2011_4 juc2011_5

ユーザープレゼンテーション

①ブラザー工業(株)様

実験とシミュレーションそれぞれの利点と欠点を踏まえインクジェットの気泡の大きさや付着位置他さまざまなケーススタディ結果に大変興味をそそられるご発表でした。

②早稲田大学様

津波解析及び津波防波堤「フラップゲート」への適用という切実なテーマを基に解析結果の検証と今後のFLOW-3Dの課題をご提示いただきました。

③旭テック(株)様

実際の製品への適用をご発表いただきました。FLOW-3Dを使用することであらたな方案設計(ゲートの新設計)が可能になったことをご発表いただきました。

④(財)素形材センターRimcof様

「金属ガラス(アモルファス)とは?」という初心者からわかるところからご説明いただきFLOW-3Dがナノ分野に適用できることをご発表いただきました。

⑤三重大学様

これまでも鋳造最適化をはじめ各種FLOW-3D適用事例をご発表いただき、今年はボトル充填の最適化をご発表いただきました。三重大学様には海外向けのご発表も多数いただいています。

(株)テラバイト様からは熱硬化性樹脂流動解析ソフト“NEPTAS”の機能紹介と今後の開発計画をご発表いただきました。

また大日機械工業(株) 代表取締役 小林様より日本のエネルギー問題について特別講演いただきました。

弊社からは今年9月米国NM州 サンタフェで開催されました“FLOW-3D World Users Conference(WUC) ”のご報告から代表的なユーザ発表3例題とVer.10.0新機能FSIのデモンストレーション、弊社開発商品であるCADデータ変換ツール“Cad2Stl”とFLOW-3D構造インタフェース(開発コード名:Babel)、FLOW-3Dビュアー(開発コード名:Nimrod)、地形データ作成・変換ツール(開発コード名:Noah)の紹介をいたしました。

ユーザ会終了後の懇親会では、豪華(?)景品があたる抽選会を行いつつ、ユーザ様同士、ユーザ様と開発元Flow Science社及び弊社との情報交換の場として和やかな雰囲気の中ご歓談いただき、終了いたしました。
今年は例年を上回る多数の皆様にご出席いただきFLOW-3Dへの関心の高さをうかがい知ることができました。ご参加いただきました皆様また当日ご発表いただきましたユーザ様にはあらためてこの場をお借りしまして御礼申し上げます。

juc2011_6 juc2011_7 juc2011_8
懇親会風景:ユーザ会終了後も多数のご参加をいただきました。

Flow Science社:(後列左から)Ditter副社長、Jensen社長 フローサイエンスジャパン:(後列左から)丸湾、原田、 (前列左から)石綿、馬場、根本、古賀、日出

Flow Science社:(後列左から)Ditter副社長、Jensen社長
フローサイエンスジャパン:(後列左から)丸湾、原田、
(前列左から)石綿、馬場、根本、古賀、日出

なお、当日配布資料(CD)をご希望の方はお問い合わせフォームより配布資料希望の旨ご記入いただきお申込みください。

【FLOW-3D Japan Users Conference 2011 開催概要】

日時:2011年10月28日(金) 10:00~17:40 (懇親会 18:00~19:30)

場所:東京国際フォーラム ホールD (懇親会 G402 )

主催:株式会社フローサイエンスジャパン

共催:Flow Science Inc.

株式会社テラバイト

プログラム

9:40 受 付 (東京国際フォーラム ホールD5)
10:00 開 会
10:00~ ご挨拶 株式会社フローサイエンスジャパン 代表取締役 丸湾 ラエド
10:05~ ご挨拶 Flow Science Inc.社長 Thomas S Jensen
10:10~ ご挨拶 株式会社テラバイト 代表取締役 小森 禎様
10:15~ 特別講演:「原子力と今後のエネルギーについて」大日機械工業株式会社 代表取締役 小林 雅弘様
11:00~ FLOW-3D Version10.0新機能 Flow Science Inc.副社長 John L Ditter
12:15~ 昼食(当社でご用意いたします)
13:15~15:55
ユーザ・プレゼンテーション
13:15~ 「流路内の微小気泡の挙動」
ブラザー工業株式会社
13:45~ 「津波対策へのFLOW-3Dの適用計算例」
早稲田大学
14:15~ 「FLOW-3Dのダイカスト湯流れ解析への活用事例紹介」
旭テック株式会社
14:45~ 「FLOW-3Dのナノインプリント加工への応用」
財団法人素形材センター
RIMCOF
15:15~ 「液面振動低減を目的とした間欠搬送式ボトリング装置のカム曲線最適化」
三重大学
15:55~ NEPTAS機能紹介及び開発計画 株式会社テラバイト
16:15~ FLOW-3D World Users Conference2011ご報告
株式会社フローサイエンスジャパン シニアエンジニア 馬場 周平
16:45~ FLOW-3D構造連成(FSI)デモ
株式会社フローサイエンスジャパン シニアエンジニア 根本 泰則
17:05~ FLOW-3D構造インタフェイスおよびCADデータ変換ツール紹介
株式会社フローサイエンスジャパン シニアエンジニア 原田 昌人
17:25~ 質疑応答
17:40 閉 会
18:00~ 懇親会 (東京国際フォーラム G402 レセプションルーム )

 

^ back to top