オンラインセミナー(FLOW-3D CAST 鋳造)


鋳造解析(ダイカスト編) オンラインセミナー

本セミナーは、ダイカスト鋳造の解析業務にご興味をお持ちの方を対象に、弊社取り扱いのソフトウェア(鋳造専用解析ソフトウェア FLOW-3D CAST)を使用した鋳造解析事例をご紹介いたします。

60分程のWebセミナーとなりますので、お気軽にご参加ください。

FLOW-3D CASTは、FLOW-3Dを解析ソルバに用いた鋳造解析専用ソフトウェアです。重力鋳造、ダイカスト、遠心鋳造などの各種鋳造問題に対して、解析初心者からエキスパートまでご使用いただけます。FLOW-3Dの豊富な物理モデルを使用することができ、特に湯流れ解析は業界最高水準の精度を実現しています。湯流れを精度よく解析することで、凝固収縮や熱応力の解析結果に対しても信頼性が向上します。

  FLOW-3D CAST 製品紹介はこちら

開催概要

対  象: 解析業務にご興味をお持ちの方、解析業務に携わっている方、CAEご導入を検討中の方
内  容:
  • なぜ、鋳造にシミュレーションを用いるのか?
  • FLOW-3D CASTの特徴
  • FLOW-3D CASTの欠陥予測機能
    • 湯回り不良の予測
    • 空気の巻き込み欠陥の予測
    • 酸化被膜欠陥の予測
    • 引け巣の予測
    • 合金成分ベースの凝固シミュレーション(新凝固モデル)
    • その他のポロシティ予測指標
    • ベント効率
    • トレーサー
  • FLOW-3D CASTのHPDC向け機能
    • 金型の熱サイクル計算
    • 金型スプレー冷却モデル
    • 物体の運動
    • PQ2線図分析
    • ベントモデル
    • スクイズピンモデル
  • 高圧ダイカスト鋳造シミュレーションの適用例
日  程: 各日ともに、14:00~15:00
11月4日(水)・11月13日(金)・11月19日(木)・11月25日(水)

12月1日(火)・12月11日(金)・12月17日(木)

開催終了

10月28日(水)

会  場: オンライン(全国どこからでも参加可能)
環  境: インターネット接続が可能なノートPCやデスクトップPC環境が必要です。(オンラインセミナーは、「Microsoft Teams」を利用して配信いたします。)

「Microsoft Edge(Chromiumベース)」か「Google Chrome」の最新バージョンを使用する必要がございます。予めお使いいただくPCへインストールをお願いいたします。

受講URL: お申込みいただいたお客様宛にメールにてご案内いたします。
参 加 費: 無料(事前申込制)
注意事項:
  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響等、やむを得ず配信方法の変更や急きょ配信を中止する場合もございます。予めご了承ください。
  • 同業のお客様のお申し込みはお断りしております。予めご了承ください。
申込締切: 各日ともに開催日前日の17:00に締切
主  催: 株式会社フローサイエンスジャパン
共  催: 株式会社ポセイドンCAE

omoushikomi

^ back to top