FLOW-3D Asia Users Conference 2016 開催のご報告


FLOW-3D Asia Users Conference 2016 開催のご報告

conf2016_logo_A4

2016年10月28日(金)、東京コンファレンスセンター・品川にて、FLOW-3D Asia Users Conference 2016を開催いたしました。当日は多くのユーザ様にご参加をいただきました。今年も日本国内のユーザ様の事例発表に加え、台湾・ドイツのユーザ様からも適用事例をご発表いただきました。

AUC2016_1

最初に弊社代表取締役丸湾より参加者様への御礼とともに、各分野でご活躍のユーザ様からの発表についてご紹介させていただきました。

AUC2016_2

米国FSI社(以下、FSI) Jensen社長よりご参加の皆様、ユーザ事例発表者様への御礼ならびにFLOW-3DおよびFLOW-3D Castの開発計画をご紹介させていただきました。

FLOW-3Dソルバ: 開発と改良

AUC2016_3

FSI Ditter副社長より新しいバージョンのFLOW-3Dのソルバの開発と改良をご紹介させていただきました。今回はGMRES圧力ソルバの自動収束、FAVORによる形状処理の改良、新機能他をご紹介させていただきました。

直観的なインターフェイス・デザインによる シミュレーション・ワークフローの改善

AUC2016_4

引き続きFSI Ditter副社長よりFLOW-3DFLOW-3D Cast GUI、FlowSightのインターフェイスの改善、新機能をご紹介させていただきました。今回新機能として、プロセス志向ワークスペースが追加されました。これはソフトウェアが自動的にふさわしい「プロセス」の設定をセットアップ中に適用する機能です。

AUC2016_5

フリースペースには、ユーザ様からの発表事例を含め各種適用事例のパネルを展示いたしました。ご興味お持ちいただきました事例を皆様写真に収めたり、弊社技術スタッフへご質問頂いている姿を多く拝見いたしました。

ユーザ・プレゼンテーション

AUC2016_6
①『注型中の金型内における樹脂中の気泡挙動の解析』

株式会社日立製作所様より、壁面上の気泡挙動の実験式を構築し、FLOW-3Dのユーザサブルーチンとして組み込み、注型中の気泡挙動を解析した事例をご発表いただきました。

AUC2016_7
②『Laser welding repair for single crystal blades』

三菱重工業株式会社様より、航空エンジンおよび発電用ガスタービンに使用される単結晶ブレードのための期待される補修法のうちの1つであるLMD(レーザー金属溶着) についてご発表いただきました。

AUC2016_8
③『型レス鋳造技術の自動車部品への適用検討』

トヨタ自動車株式会社様より、従来の鋳造法では成形が困難である展伸用材料の鋳造を可能とする「型レス鋳造法」を自動車部品へ適用するにあたり行われた事前検討をご発表いただきました。

AUC2016_9
④『長径間型フラップゲート式防潮堤のCFD解析』

日立造船株式会社様より、水害防災設備であり、通常、地面に倒伏し、水位に追従して起立・倒伏を行う陸上設置型フラップゲート式防潮堤の開発をご発表いただきました。

AUC2016_10
⑤『帯状スロットコーティングのCFDモデリング』

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社様(ドイツ)より、スロットダイコーティングで細く薄い帯状の塗布の場合のエッジ効果とそれらの影響、帯の高さ構造を調査するための2D、3Dモデル、物理モデルの結果比較をご発表いただきました。

AUC2016_11
⑥『FLOW-3Dを用いた選択的レーザ溶融法(SLM)の数値解析』

國立成功大學様(台湾)より、相変化の現象が数マイクロ秒で起こり、実験による観察が困難なため、自由表面流解析法であるVOF法の上に開発された選択的レーザ溶融(SLM)三次元数値モデルを利用したTi6Al4Vに起こる相変化の現象の調査をご発表いただきました。

FLOW-3Dオプションモジュールのご紹介

AUC2016_12

弊社のFLOW-3Dオプションモジュール(FLOW Weld、FLOW DEM、FLOW Resin、F.SAI)のご紹介及びオプションモジュールの連携による粉末焼結積層造型解析を発表させていただきました。

今年もユーザ会終了後の懇親会には多くのユーザ様にご参加いただきました。懇親会をユーザ様同士の情報交換の場としてご活用していただけましたら幸いに存じます。また、弊社スタッフにとりましてもユーザ様のご意見・ご要望等を直接お伺いできた貴重な時間となりました。今後も一人でも多くのユーザ様にご満足いただけるよう、よりよいサービスのご提供をして参りたいと思います。

AUC2016_17AUC2016_13AUC2016_15

FLOW-3D / FLOW-3D Cast 無料トレーニング

AUC2016_16

今年もユーザ会前日に、同じく東京コンファレンスセンターにて「FLOW-3Dトレーニング」を開催させていただきました。今年からご要望を頂いておりました「FLOW-3D Cast」のトレーニングも同時開催いたしました。どちらのトレーニングもそれぞれの初級者様向けに解析を実施する上で、モデル設定等の注意点やポイントをご説明させたいただき、当トレーニングも好評なうちに終了いたしました。

今年も多数の皆様にユーザ会及びトレーニングへご参加いただき、改めて感謝いたしますとともに、ユーザ会当日ご発表いただきましたユーザ様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。これからもFLOW-3D/FLOW-3D Castをよりよくお使い頂けます様、サービスの向上・開発に力を入れてまいります。今後ともFLOW-3DならびにFLOW-3D Castをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。





FLOW-3D Asia Users Conference 2016 開催概要】






日  時: 2016年10月28日(金) 10:00~17:45(受付9:30開始) 18:00~19:30 懇親会
場  所: 東京コンファレンスセンター 品川 大ホール(JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分)
参加定員: 200名。事前登録制
参加費用: FLOW-3DならびにFLOW-3D Castユーザ様:無料、一般:30,000円/名
主  催: 株式会社フローサイエンスジャパン
参加特典: ≪FLOW-3D及びFLOW-3D Cast無料トレーニング≫
対象:保守ユーザ様限定
   Conferenceにご参加頂くご本人様、もしくはご本人様以外のユーザ1名様
日時: 2016年10月27日(木) 10:00 ~ 17:00 (9:30受付開始)
場所:東京コンファレンスセンター 品川 4F 401号室 / 403号室
定員:FLOW-3D 50名。事前登録制 / FLOW-3D Cast 30名。事前登録制
   ◎定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください。
申込:Conferenceお申し込み時に同時にお申し込みください。
形式:講義形式








プログラム

9:30 受 付 (東京コンファレンスセンター 品川 大ホール)
10:00 開 会
10:00~ ご挨拶

株式会社フローサイエンスジャパン
代表取締役 丸湾 ラエド
10:10~ ご挨拶

Flow Science Inc.
社長 Thomas S Jensen
10:20~ FlowScience社からのFLOW-3D / FLOW-3D Castの最新情報のご紹介

12:00~ 昼食(当社でご用意いたします)
13:00~16:30
ユーザ・プレゼンテーション
『注型中の金型内における樹脂中の気泡挙動の解析』

株式会社日立製作所
横浜研究所 生産技術研究センタ プロセスイノベーション研究部
島田 遼太郎 様
『Laser welding repair for single crystal blades』

三菱重工業株式会社
総合研究所 製造研究部 製造技術第一研究室
下畠 幸郎 様
『型レス鋳造技術の自動車部品への適用検討 The Mold-less Technique for Applying to Automobile Parts』

トヨタ自動車株式会社
生技開発部 企画総括室 CAEG
主幹 生田 浩之様
『長径間型フラップゲート式防潮堤のCFD解析』

日立造船株式会社
技術開発本部 技術研究所
環境エンジニアリング研究センター
流体グループ
研究員 平野 瑞樹 様
『帯状スロットコーティングのCFDモデリング』

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(ドイツ)
ジュリアン ブフ 様
FLOW-3Dを用いた選択的レーザ溶融法(SLM)の数値解析』

國立成功大學(台湾)
材料科學及工程學系 材料製程與模擬實驗室
吳育哲 様
16:30~ FLOW-3Dオプションモジュールのご紹介

株式会社フローサイエンスジャパン
技術部 馬場 周平
17:30~ 質疑応答
17:45 閉 会
18:00~ 懇親会 (5Fホール前「ホワイエ」にて)









^ back to top