Ver.4.2 – 新機能


casting_environmental_menuuser_applications_menuverify_casting_menuFLOW-3D-Cast リリースバージョン履歴FLOW-3D-Cast 最新リリースバージョンFLOW-3D-Cast-edition

lostwax_menuladdle_menuCentrifugal-Casting_menulostform_menutilt-pour-casting_menugravity_casting_menuhigh_pressure_menu

seminar_buttonresource_menucast_summary_menu

42_logo

FLOW-3D Cast What’s New Ver.4.2

パフォーマンスとユーザビリティ

プロセス指向性ワークスペース

高圧ダイカストのプロセス指向性ワークスペースが、グラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)に追加されています。サブプロセスは、サーマルダイサイクル、充填、凝固、および冷却です。これらの各サブプロセスは、これら全てのシミュレーションをアクティベートするときに生じるかもしれないエラーの可能性を排除したモデルと数値をアクティベートします。また、それらはさらに多くの入力を除外したテンプレートとして保存できます。将来は、より多くのプロセスが追加される予定です。

Process_Oriented_Workspaces1Process_Oriented_Workspaces2Process_Oriented_Workspaces3

プロセスの環境設定

これらプロセスの環境設定はプロセス指向性ワークスペースと共に使用されるので、ユーザは一度ワークスペースに対してそれらを実行します。これらの環境変数は、初期の型温度、周囲の条件、過熱、および重力方向を含んでいます。

Globalボタン

この新しいボタンは、最も重要な情報をトップに置くために追加されています。金属物性は、ここに移動されました。プロセス指向性ワークスペースが使用されている場合は、ここでユーザはシミュレーションのプロセスやサブプロセスを決定できます。また、ノートのページはTime Controlsから移動されてここに配置されており、ノートを開くためにボタンを押すことなく容易に見ることができます。

global_panel

熱浸透深さに対するOn/Offスイッチ

このフラグは、サブプロセスに依存して自動的にこのスイッチをOn/Offするプロセス指向性ワークスペースと共に支援するために追加されています。また、このフラグは、ユーザが実際の値を取り除くことなく熱浸透深さをアクティブ化/非アクティブ化することをより簡単にします。

熱伝達率データベースの拡張

MaterialsのトップメニューはDatabasesに変更されています。そして、幾つかの熱伝達率データベースが追加されており、これらのデータベースにユーザは追加することができます。これは、以前に使用していた熱伝達率を記憶しておく必要がなく、ユーザを手助けします。追加されたデータベースは、温度、直径、および速度に基づいて整理された(パイプ流れに対する)冷却管、新しいスプレーモデルに対して使用されるノズル、異なるステージ(液体/固体、固体/固体、液体/周囲、および固体/周囲)に対するサーマルダイサイクリングです。

Heat transfer coefficientsボタンの熱伝達率パネル

このパネルは、簡単にするために短い名前にアップデートしました。データベースアイコンは、選択されたタイプ(液体/固体、固体/固体、液体/周囲、固体/周囲)に対してデータベースの熱伝達率へアクセスするために追加されました。

heat-transfer-coefficients

Void Pointerパネルを分離

現在では、ボイドポインタ自体を定義するパネルがあります。金属ボイド領域は、新しいInitial Gas/Metal Conditionsパネルへ移動しました。ボイドポインタは、ボイドを非表示、色付け、無効化、および矢印キーで容易に移動やステップサイズを調整できるその他のパネルと一致しています。

Meshingボタンのパネル

さらに使いやすく簡素化するために、メッシュ設定の詳細タブは取り除かれました。現在では、全情報は、一つのタブ上で容易に利用できます。メッシュブロックの追加、定義、および関連特性は、簡素化並びに合理化されて一つのパネル上で全て見ることができます。メッシュ情報は、マウスの右クリックからメッシュ情報アイコンへ移されています。

meshing-panel-flow3d-cast1

Outputボタンのパネル

出力のパネルは、多くの一般的に使用される特徴をトップに挙げて示されるように簡素化されています。

output-panel-flow3dcast

Initial Gas/Metal Conditionsボタン

現在では、このパネルは金属およびガスの初期条件のみを含んでいます。金属物性は、Globalパネルへ移動されています。初期の温度、圧力、および流体の高さ、ボリューム、STL領域、あるいはポインタとして定義される初期の金属領域は、全てこのパネル上に置かれています。また、全体的な初期特性および局所的な初期特性はこのパネル内のタブとして追加されています。

initial-gas-metal-conditions-flow3d-cast

モデル設定のバックグラウンドは白色

現在では、バックグラウンドの色のデフォルトは黒に代わって白ですが、ユーザはバックグラウンドの色設定を選択できます。

AnalyzeタブおよびDisplayタブは常に表示

テーブル形式の入力ウィンドウにて、右クリックからCSV形式ファイルへの保存および外部テーブルからの貼り付けが可能になりました。

その他

プレゼンテーションのためにFlowSightが使用されている間、AnalyzeやDisplayのタブは迅速な検証や結果のトラブルシューティングに使用されます。それ故、ユーザが使用するためにPreferenceからの選択を除外して、その代わり常時表示しています。FlowSightは、まだFlowSightボタンを選択することで利用可能です。

鋳造モデル鋳造モデル

サーマルダイサイクルのスプレー冷却

サーマルダイサイクリングのシミュレーションに対して、ダイ内の温度分布を正確に予測するために、スプレー冷却の空間変化を考慮に入れる必要があります。この目的に対して、スプレー冷却は開発されています。それは全体のダイキャビティを一定の熱伝達率で評価する代わりに、各スプレーからの冷却を陽的に計算します。スプレーノズルの移動によりダイ表面のスプレー領域は絶えず更新され、計算されます。スプレーの角度やダイ表面の形状によるスプレー冷却の遮断も考慮されています。それは、ダイ表面で信頼性が高く現実的な入力パラメータにより正確な温度分布を提供します。(パラメータは、ホットスポットを排除するためのスプレー冷却プロセスをより良く設計して、最適化するのを支援します。)

Thermal_Die_Cycle_Spray_Cooling

^ back to top