FLOW Resin


FLOWResin_Vertical

~(株)フローサイエンスジャパン開発モジュール ~

FLOW Resin とは

FLOW Resinは、熱硬化性樹脂の流動や熱特性を解析する機能を付加するモジュールです。
株式会社日立製作所と提携し開発しています。熱硬化性樹脂材料は、強い粘着性、構造強度、熱および化学的耐久性に
優れており、半導体装置、発電機、変圧器、開閉器、電気自動車およびハイブリッド電気自動車のコイルや他のパーツ、
プリント基板、MRIなどに使用されています。

主な機能:
  • Castro-Macosko、Cross=WLFなどの粘性モデル
  • 指数減衰、Kamalなどの発熱モデル
  • ゲル化以降の硬化収縮モデル
  • 樹脂含浸解析向けポーラス体内流動モデル(粘度依存抵抗、異方性抵抗など)
  • 2-domain Tait pvT 密度式モデル
  • 構造解析インタフェースF.SAI経由による圧力・温度データのエクスポート
resin1

resin2

適応事例

resin3

トランスファー成形

resin4

射出成形

background_phone_case_compare

製品との比較

resin5

トランスファーモールド(充填の結果:温度[上段]・流速[下段])

resin6

トランスファーモールド(発熱の結果:温度[上段]・総ひずみ[下段])

resin7

トランスファーモールド(冷却の結果:温度)

background_resin1

FLOW-3Dの温度データを基盤と樹脂にマッピング

background_resin2

構造解析の結果(Von Mises stress)

background_resin3

構造解析の結果(Total translation)

resin8

トランスファーモールド(充填解析:温度[上段]・空気巻込み[下段])

resin9

トランスファーモールド(冷却解析:応力[左上]・総ひずみ[右上]・温度[下])

background_resin4

トランスファーモールド 反応率【時間推移】

background_resin5

トランスファーモールド 応力【時間推移】

background_resin6

FLOW-3Dの温度データを基盤と樹脂にマッピング

background_resin7

構造解析の結果(変位[左]・Von Mises stress[右])

価格・ライセンス形態などお気軽にお問合せください。information_button_small

 

^ back to top